« 友達が不倫されて離婚するかもしれない | トップページ | 初めてのエステサロン.. »

2013年7月31日 (水)

占いの当たり外れ・・

私は都内に会社があるので、よく占い師が集まっている場所に行くことできます。happy01

昔から占いが好きで、中学生の頃から都内の占いの館に出入りしてました・・(^^ゞ

そんな私もこの歳になっても占いから抜けられずにいます。まー占いというか、占い師さんのアドバイスが聞きたいのです。

中には前世や透視みたないことを言う人がいますが、それもなかなか興味深いです。例えば、「前生」は、確かに所在しております。!「人物中」は、「精父的」「霊性的」な視点から見ても、「父」や「新仏」の次元である「神仏社会」より遥かに「幼い」です。

従って、一回や七度の「生」で、「精神性」や「霊性」が「諦観の境」や「人物中成立」に至るはずもなく…「流転生まれ変わる」すなわち、「生まれ変わり」が所要になってくる由です!!つまり「生」という「修業」が、「人物中」には所要な由です。

「人物中」は、たとえ「諦観」を開いて、「仏陀」(ブッダ)になったとしても、生きている中は「世渡りの修業」が続くのです。「仏性」、すなわち「霊性」は「進化」しなければいけないのです!!その個が、「肉体的」にも「精父的」にも、また「霊的」にも心機付かなければならないわがありますから…。

そして、もし「心機付かなければいけないわ」を「悟れなければ」決して「福」にはなれない!!一回や七度の「生」で、「次元的」にも「進化」しきれる方ではありませんから、当然「流転生まれ変わる」は所要な方なのです。たとえ「生」の内面で、「諦観」を開き「名僧」になったとしても、連日「炊事」を作り「御飯」の準備をしたり、求める奴に「示し」を説いたりと。

それは「生きるおかげで」の「衣食住」のおかげでの「化け物」です!!生きている中は、「名僧」であっても生きるおかげでに、この「化け物」は所要です。しかし、「化け物」は「臍上」には上げません!!「臍」は「三途の川」に値し、「臍上」は「彼岸」に値します。つまり「胸部」や「胃」は、「仏様の社会」に値するのです。

当然、「彼岸」に「化け物」はおりませんから、「臍上」に「化け物」は上げません。「化け物」は「臍上」に上げると、「ジェラシー・ひがみ・厭悪」などの「化け物」に「激変」してしま目下すので、用心が所要です!!「喜怒哀楽」は、生きている証左です。しかし、「怒る」わがあったとしても、「名僧」はその後には行かないのです。

「おにあらず:不化け物」を「悟られた教祖様」はどれ程おられるのでしょうか!?また、「易者」の達は、どれ程おられるのでしょうか。つまり、「諦観」を開かれた「教祖様」「霊能者様」「易者様」なら、言っておられる言語に誤りはありません。こういったことも電話占いで学んでいくことができます。もし興味を持ったらぜひ!
電話占い

« 友達が不倫されて離婚するかもしれない | トップページ | 初めてのエステサロン.. »